ナノマシンを使った近未来の先端医療

ビル

テクノロジーの発展はまさに刻一刻と分刻みで進んでいます。
ひとつの分野の技術進化は、他の様々な分野にも大きな変革をもたらす相乗効果によって進化の速度は加速度を増してきている状況です。
その結果として、それまでは夢物語としか考えられなかったような医療が、いつの間にか実現されて普通に普及しているというようなこともそう珍しいことではなくなってきています。
そのひとつナノマシンを使った医療技術です。
これは超小型のナノマシンに、体内にある病気の部分に直接出向き、薬を運んだり、手術を行ったりさせようという試みです。
またナノマシンまではいかなくても、超小型のロボットをカプセルとして飲み込ませることによって、胃潰瘍の治療を行うという実験がほぼ実用段階に入っています。
その昔にはSF映画となっていたことが、今まさに現実的なものとして研究が進められているということになります。
現在の技術進化のスピードからすると、こうした技術が実用化され、私達が実際に病院でこうした治療を受ける時期というのは、案外間近に迫っているのかもしれません。

ビル